ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

タグ " 邦画 " に関する記事

未登録

大きな愛の物語余命二ヶ月で家族を再生する『湯を沸かすほどの熱い愛』

2019年5月27日

「余命わずか」と宣告されたら、一体何ができるだろう?“死にゆく母と、残される家族が紡ぎだす愛”という普遍的な物語。でも物語は意外な方向に進み、ラストには思わず絶句!それでも映画の世界から抜け出したとき、不思議と前向きに生きていける心地がする、そんな小さな魔法をかけてくれるような一作。静かに、でもがむしゃらに涙を流したいという人にオススメです。そして「お涙頂戴...

未登録

古くて新しい野村芳太郎『鬼畜』を「今」観てみよう!

2019年5月21日

時代は常に過ぎ去っていき、社会形態も徐々に変化していきます。時代の変化と共に家族の構成やあり方も様々な形に変化していっています。しかし、人間の根本的な感情は変化しないものなのかもしれません。幼児虐待の問題は人によって現代的な社会問題として取り上げられます。しかし、そんなことはありません。野村芳太郎監督、原作松本清張の『鬼畜』を観れば、幼児に対する虐待は今に始...

未登録

原作ファンも納得!映画化の改変が大成功した傑作『GANTZ:O』

2019年4月7日

2013年に連載が終了した、奥浩哉氏のSF長期連載漫画『GANTZ』。 この作品は2011年に実写化されましたが、2016年10月には実写化とは別のエピソード(大阪編)が、CGアニメという手法で再度映画化し、こちらは『GANTZ:O』というタイトルで公開されました。 今回はその『GANTZ:O』を公開初日に鑑賞し、しかもDVDまで買ってしまった大ファンが...

未登録

人生で大切なことって?優しくて大きな愛を感じる感動作!! 『西の魔女が死んだ』

2019年4月7日

2008年に公開された日本映画『西の魔女が死んだ』。 この映画の原作は児童文学作家・絵本作家である梨木香歩が執筆した小説で、日本児童文学者協会新人賞など3つの賞を受賞しており、映画も映画館大賞などを受賞している作品です。 ファンタジー感あふれるタイトルですが、この作品では主人公の少女とおばあちゃんとの交流を通して、成長と、人生で大切なことを教えてくれる、...

未登録

1990年代、出会えたことを心から感謝する映画甘酸っぱい思春期が胸に広がる『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』

2019年4月7日

1993年8月、たまたまつけたドラマでとんでもない出会いをしてしまった!!この出会いで発展途中にあった感性には、まだ空席で物足りないとどこかで感じていた心の箇所に『永遠のノスタルジック』とでもいうような世界観が舞い降りました。もし、あの時間、テレビをつけていなかったら、ほかのチャンネルをつけていたら……。そんな「もしも」を考えるほどに、25年以上が経過した今...