ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

未登録

名作か、迷作か?原作を超えた大ヒット映画

『シャーロック・ホームズ』の魅力あるキャラクターたち

2019年4月4日

皆様は、シャーロックホームズはご存知でしょうか? 医師であるコナン・ドイル作の、名探偵ホームズが大活躍するイギリスの有名な推理小説です。 2009年に映画化された本作も、登場人物は私立探偵「シャーロック・ホームズ」と助手の元軍医の「ワトソン」という原作と同じ設定ではあるものの、蓋を開けてみれば、別の名作になっていました。 シャーロキアン(ホームズ愛好家...

未登録

ハラハラドキドキしたいなら!

正体不明の生物にパニック状態!『ミスト』

2019年4月4日

『ミスト』は2007年にアメリカで公開されたSFホラー・スリラー映画。監督・脚本は『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』を手がけたフランク・ダラボン。原作はスティーブン・キングの『霧』。霧の中からあらわれる正体不明のモンスターに襲われ、人々はパニックに陥り、秩序を失っていくというスリラー映画になっています。

未登録

ドキドキハラハラを楽しみたいならまずこの1本

日本ではNetflix限定公開の傑作『サイレンス』

2019年4月4日

あなたは映画を観るときに、何を求めますか? 「恋愛映画を観てキュンキュンしたい!」と思う方や「ファンタジー映画を観て非現実感を味わいたい!」と思う方など、その時の気分や考えによっても求めるものはさまざまでしょう。この記事では、「ドキドキハラハラな気分を楽しみたい!」という方におすすめしたい映画『サイレンス』をネタばれありでご紹介します。 まだ観たことがな...

未登録

色彩と音楽に揺られて

少しだけ悲しくて愛すべき人々『天使の涙』

2019年4月4日

今日は仕事も早く片付いたし何か映画でも観たい気分だ、さて何を観ようかな。映画を観る時、皆さんは何を基準にチョイスしていますか? 私はいつもその日の気分や、難しいストーリー展開についていけるくらい頭が冴えているかどうか、長時間の鑑賞にも体力が持ちそうな体のコンディションかどうかなどを基準に決めています。 今日は少し疲れ気味で頭を休めたいから軽めのものにしよ...

未登録

ランキング上位には入らないがすごい作品

5000本見た筆者が最も勧める作品『物語る私たち』

2019年4月4日

大手サイトや雑誌の映画ランキングなどに挙がってこないけれど、すごい作品が世の中にはまだまだあるのではないか? そんなことを思っている方は、ぜひ本作『物語る私たち』をおすすめします。 私は、これまで憶えてる限りで5000本程度は映画を観賞しておりますが、この映画は、私の中でもっと多くの人に観てほしい映画堂々のNo.1です。

未登録

傑作古典サスペンス!

映画『裏窓』のあらすじ・見どころを徹底解説

2019年4月4日

映画の中には、その後の映画や社会に大きな影響を与えた「傑作」とよばれる作品がいくつか存在します。 今回紹介するのは、そうした「傑作」のひとつであり、後世のサスペンス作品に多大な影響を与えた古典サスペンス映画『裏窓』です。 鬼才アルフレッド・ヒッチコック監督の代表作とも称される本作は、1954年公開と半世紀以上も昔の「古典」ともいえる作品ですが、その魅力は...

未登録

酔っ払いしか出てこない!

おバカコメディ映画の金字塔『ビールフェスタ~世界対抗・一気飲み選手権』

2019年4月4日

日本における夏場の風物詩の一つに全国高校野球選手権大会、いわゆる甲子園がありますよね。高校球児たちは僅か一校にのみ与えられる深紅の優勝旗を目指して日夜鍛錬を重ね、苦楽を分かち合ったチームメイトと共に過酷なトーナメントを争います。そして試合に勝った側の喜びようはもちろんのこと、負けてしまった学校が涙を堪えながら相手校にエールを送ったり、マウンドの土を集め甲子園...

未登録

女心を映し出すファッションにスポットライトを!

ダメに生きるこじらせティーンエイジャー『ゴーストワールド』

2019年4月4日

高校を卒業したばかりのイーニドは進学・就職といった、彼女にとっての“ありきたり”な道を選ばずに、親友レベッカと二人で学生時代と変わらず自由奔放な毎日をなんとなく過ごしながら、なんとなく二人暮らしをはじめることを夢見る。 狭い世界にいたイーニドとレベッカの関係は、人との出会いや環境などの様々なスパイスによって変化を繰り広げる。 どんどん大人になっていくレベ...

未登録

日本での知名度は低いが隠れた名作!

格闘技を通して描かれる家族愛『ウォーリアー』

2019年4月4日

『ウォーリアー』は2011年に本国アメリカで劇場公開された作品ですが、日本では未公開どころか、ソフト化されたのも公開から約4年後の2015年という、何とも勿体ない一本。「いやいや日本の映画配給会社はどこに目つけてんの?」と思うぐらいの隠れた名作でした。リバイバル上映を強く希望します!