ホームへ戻る

カテゴリー

新着記事

ここ1ヶ月間の人気の記事

現実世界と異世界が交錯

心に問いかけるダークファンタジー『パンズ・ラビリンス』

心に問いかけるダークファンタジー『パンズ・ラビリンス』

ファンタジーと言えば、主人公達が敵と戦い、最終的には勝利を収める。そんな見ていてすっきりする結末が想像できるだろう。しかし、そうとは限らないファンタジー作品も存在する。それがいわゆるダークファンタジーと呼ばれるもので、今回ご紹介する『パンズ・ラビリンス』もこれに当たる。ギレルモ・デル・トロがメガホンを撮り、2006年のアカデミー賞3部門(撮影賞・美術賞・メイクアップ賞)を受賞した。また、英国アカデミー賞でも4部門の受賞を果たすなど、世界的に見ても評価が高い。ストーリーは深く、結末の解釈は人それぞれだろう。是非とも一度鑑賞して貰いたい作品である。

厳しい現実世界を生きる少女が出会う不思議な世界

舞台は内戦後のスペイン。

空想や読書が好きな少女・オフェリアは、母の再婚相手であるヴィダル大尉の下で暮らすことになった。
彼は冷酷な男で、未だ続くレジスタンス運動を容赦なくつぶす任務にあたっていた。

ヴィダルは、やがて産まれてくる自身の息子にしか興味を持たず、オフェリアを冷遇していた。
また、オフェリアも彼を「父」と呼ぶことができずにいた。

ある夜オフェリアは、一匹の奇妙な虫に誘われ、「迷宮」を訪れる。
そこには恐ろしい見た目の「パン(牧神)」がおり、オフェリアを恭しく迎えた。
パンによると、オフェリアは地底の国の王女であるという。

オフェリアを取り巻く世界は過酷なもので、パンの話は彼女の心を動かした。
しかしパンは、オフェリアが地底の国に帰るためには、満月の夜までに3つの試練をクリアしなければならないと告げる。
オフェリアは、この試練を受ける決意を固める。

ファンタジー世界が現実世界に干渉する

『パンズ・ラビリンス』の世界観は非常に厳しいものだ。
独裁政権が幅を利かせ、内戦で荒れ果てている。レジスタンスは森に潜み、ゲリラ戦法で国と戦っている。

そのレジスタンスを一掃する役目を持つのが、オフェリアの新しい父であるヴィダルだ。
良心に苛まれることなく、容赦なく人を殺す。
唯一頼れる母は、妊娠体調を崩し、オフェリアの助けとは慣れない。

オフェリアは、どこまでも孤独なのだ。

そんなオフェリアが救いを見出したのは、パンとの出会いだ。
パンは孤独な少女に語り掛ける。
「あなたは地下世界のお姫様だ」
ここから、オフェリアは現実世界とファンタジーの世界を行き来することになる。

巨大なカエル、日本の妖怪「手の目」の様な子供を殺して食べる化け物、不気味なマンドラゴラ、決してメルヘンではない妖精。
オフェリアは次々に、これらファンタジーの世界の住人と遭遇する。

ファンタジーの世界、オフェリアが姫君として扱われる世界、これらを分かり易く「異世界」と称してみよう。

「パンズ・ラビリンス」の世界観では、異世界と現実世界の境が曖昧だ。
例えばトンネルや井戸といった、明確な境が存在しないのだ。
より正しく言えば、異世界が現実世界へ侵食していると言えるかもしれない。

例を挙げるとするならば、物語終盤に、オフェリアがパンから貰ったチョークを挙げることができるだろう。

オフェリアはそのチョークを使い、ヴィダルに監禁された部屋を抜け出した。
そしてそのチョークは、ヴィダルの目にも見えているのだ。
また、ヴィダルの手からオフェリアを救い出しに来たレジスタンスにも、チョークで書かれた扉の跡が見えていた。
勿論、そこにはオフェリアはいない。

これは、異世界が現実世界に干渉したという証拠ではないだろうか。

絶妙なデザインの妖精・怪物

一般的に、妖精と言えば可愛らしい、メルヘンチックなものを想像するのではないだろうか。

この作品には、奇妙なデザインの妖精や怪物たちが登場する。
そのどれもが、好ましいとは言えない外見をしている。

例えば、手の平に目玉をはめる怪物は、その代表格だ。
奇妙な声を出しながら、よたよたとオフェリアを追いかける。
その見た目や動きといったものは、決して見続けたいものではない。
しかし、目を離せない何かが確かにある。

この物語のキーパーソンとなる存在、それがパンだ。
オフェリアと出会ったとき、パンはオフェリアに優しい言葉をかけた。
しかし、その姿をじっくりと観察してみよう。

パンと言えば「牧神」で、古い神の一種だ。
しかし、この作品の彼には、そんな神々しい姿はない。
古く年老いて、醜く、近寄りがたい。

また、パンの頭には角が生えている。
この角は湾曲し、まるでどこかで見た悪魔を連想させるものだ。
足を見てみると、木にも見えるが偶蹄目のヒヅメにも見える。
ヤギと悪魔は、切っても切り離せない存在だ。

オフェリアの救い主としてのパンと、悪魔のイメージを持つパン。
どちらを主軸に置くかで、この作品の感想は変わってくるだろう。

あらゆる物事には二面性があるものだ。
神は慈悲深いが気まぐれでもある。
悪魔も、美しい姿を装うことができる。

ヨーロッパに伝わる妖精や怪物は、かなり恐ろしい見た目をしていることが多い。
パンたちが現実に居るとすれば、かなり『パンズ・ラビリンス』の姿に近いのかもしれない。

現実世界のメタファーとして

是非とも注目して欲しい登場人物が、今作の悪役のヴィダル大尉だ。

ヴィダルは冷酷で、結婚した妻やその連れ子のオフェリアに愛を向けることは無い。
その目は一心に、やがて産まれてくる息子と、レジスタンスに向けられている。

ヴィダルはレジスタンスを憎んでいるのだろうか。
作品を見る限りでは、そうと考えることはできない。
ただ、「間違っている」と思っているようだ。
国に従順に従うことが、正しい人間のあり方だと考えている。

人間はどうしても、強い存在を信じてしまうものなのだろう。
強い存在とは、神でも自分の信念でもなく、ヴィダルにとっては独裁政権である。

内戦や戦争が起こっている状態であれば、ヴィダルの様な人間の方が生きやすいだろう。
逆にそうでなければ、生き抜くことの方が難しかったのだろう。

ヴィダルは、空想や読書が好きなオフェリアを、決して認めることは無い。
彼にとっては、オフェリアの行為は逃避に見えるのかもしれない。
また、ヴィダルだけではなく、当時の情勢は少女にすら空想や読書を許さないかもしれない。
そんなことをしている余裕はない、と思ってしまうからだ。

ヴィダルは軍人として、非常に優秀だ。
銃弾の雨が降り注ぐ中先頭を走り、部下を鼓舞する。
自身が信じる信念(レジスタンスは間違っている)を貫き通す為ならば、死を恐れない人間でもある。

反面、弱い部分も持ち合わせている。
ヴィダルは、父に何らかの思いを抱いているようだ。
それが憎悪なのか何なのかは分からない。
しかし、好ましい感情でないことは確かだ。

そう考えていくと、ヴィダルは現実世界のメタファーと言えるのではないだろうか。
厳しく残酷で、子供にも容赦の無い現実である。
どこか一点を叩けば、簡単に崩れ落ちてしまう現実である。

まとめ

ギレルモ・デル・トロ監督は、2017年に『シェイプ・オブ・ウォーター』で、アカデミー賞をはじめあらゆる映画賞を総ナメにした。
『シェイプ・オブ・ウォーター』も同様に一筋縄ではいかないダークファンタジーだったが、彼の世界観が好きな方は、この『パンズ・ラビリンス』も是非見ることをお勧めする。